【更新情報】
9/1 今月の京蔵”を更新
9/1 京蔵の気まぐれ日記”を更新
8/1 “今月の京蔵”を更新
8/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
7/1 “今月の京蔵”を更新
7/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
6/21 勉強会のご案内”を掲載
6/21 “音の会”申込みフォームを開設
6/21 “稚魚の会・歌舞伎会合同公演”申込みフォームを開設
6/1 “今月の京蔵”を更新
6/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
5/1 “今月の京蔵”を更新
5/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
4/1 “今月の京蔵”を更新
4/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
3/1 “今月の京蔵”を更新
3/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
2/1 “今月の京蔵”を更新
2/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 “今月の京蔵”を更新
1/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 昨年の舞台より”写真を更新



京蔵の気まぐれ日記
5月8日 16:00 赤坂Bb
恩田三重子偲ぶ会
五條珠實師夫人の一周忌。いかにも江戸っ子の元赤坂芸妓らしい素敵な夫人だった!合掌

5月12日 18:30 赤坂ビルボケ
川口小枝偲ぶ会
今年の1月に急逝された川口小枝さんを偲ぼうと、武智鉄二塾生の有志が久々に集結。小枝さんどころか、武智先生、川口秀子先生の思い出話しは途切れることなく、河岸を変えて深更に及んだ。合掌

5月15日 18:00 青山斎場
蜷川幸雄先生通夜
5月16日 正午 青山斎場
蜷川幸雄先生告別式
昨年9月10月のNINAGAWAマクベスに魔女役で出演したのが最初で最後の蜷川先生との出会いだった。
車椅子で酸素吸入されているにも拘わらず、その、上から下端々に至るまで容赦ない演出家の姿勢は、これが蜷川イズムなのかと感に堪え、発せられるダメ出しに聞き入った!
30数年前、日生劇場初演を観た私は、嵐徳三郎さんが演じていた魔女を、今現在自分が演じていることに武者震いし、その出会いに感謝した。蜷川先生には一度だけ稽古場で叱られた。これは自慢ではない。もっともっと叱られたかったし、コミュニケーションしたかったのだ!

武智鉄二先生といい、郡司正勝先生といい、蜷川幸雄先生といい、私は巨匠の最期にいつも出会す。三人の先生にはもう少し早く出会いたかった。合掌

雀右衛門伝説
連載を一時お休みさせていただいております。
舞踊の夕べの舞台より
「豊後道成寺」清姫 「豊後道成寺」清姫
「二人椀久」松山太夫 「二人椀久」
椀屋久兵衛(花ノ本海)
松山太夫(中村京蔵)
クリックすると拡大します

【今月の京蔵】
お陰様をもちまして、先月の国立劇場「音の会」及び「稚魚の会・歌舞伎会合同公演」も無事に打ち上げることが出来まして、多くの皆様にご来駕賜りましたことはまことに有り難く、心より御礼申し上げます。
機会がございましたら、私も是非また参加させて頂きたく存じております。
何卒よろしくご支援、ご指導賜りますやうお願い申し上げます。

なお、今月は五代目中村雀右衛門襲名披露 西コースの巡業に旅立ちます。
「仮名手本忠臣蔵」七段目幕開きの仲居を勤めます。
公演地・日時等は、松竹公式サイト「歌舞伎美人」をご参照くださいませ。
各地の皆様にお目に掛かることを楽しみにしております。

今年は台風の発生が頻発しており、各地で洪水被害が続いております。被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
不安定なお天気でございます。皆様、くれぐれもご自愛くださいますやう。

CM「勘定奉行」より
中村京蔵へのメッセージ、ご意見はこちらまで。
kyozo@ss.iij4u.or.jp

(C)Copyright 2001-2016 NAKAMURA KYOZO All Rights Reserved.