【更新情報】
5/1 今月の京蔵”を更新
5/1 京蔵の気まぐれ日記”を更新
4/1 “今月の京蔵”を更新
4/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
3/1 “今月の京蔵”を更新
3/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
2/1 “「ご報告」”を掲載
2/1 “今月の京蔵”を更新
2/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 “今月の京蔵”を更新
1/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
12/1 “今月の京蔵”を更新
12/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
11/1 “今月の京蔵”を更新
11/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
10/1 “今月の京蔵”を更新
10/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
9/1 “今月の京蔵”を更新
9/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
9/1 「舞踊の夕べの舞台」”写真を更新
8/15 “「ご報告」”を掲載
8/1 “今月の京蔵”を更新



京蔵の気まぐれ日記
10月3日 16:00過ぎ ロンドン ヒースロー空港着
「NINAGAWAマクベス」英国公演。私は初英国初ロンドン。興味津々でテンション上がる!(笑)
空港からホテルに向かうバスの車窓から眺めると、地震がない国土だから(羨ましい)、100年150年の重厚な建物が立ち並び、それに混じって近代建築物が散在する。電柱も無い。趣きのある街並み。早く街を散策したい!(笑)
すでに秋深く、街路樹から黄ばんだ葉が舞い落ちる。バスから降りると空気もひんやりと冷たい……。ザ・ロンドン感満載!(笑)
10月5日 午前中
大英博物館 見学。流石!大英帝国!戦利品の数々!(笑)堪能した!
10月5日 19:15 バービカン劇場 初日開幕。
ロンドンの舞台に立てた喜びを噛み締める!蜷川先生に叱られぬやう勤めたつもりだ。
ロンドンでは蜷川演劇は定着しており、加えてシェイクスピア劇だから、観客の関心度も高いのだろう、全5回公演全て完売と側聞する。ロンドンでの「NINAGAWAマクベス」は30年ほど振りだから、当然初見の方が多いと思われる。開演前、紗の障子越しに満員の客席を眺めながら思う「終演が22時近いのに、ロンドンの人々は仕事を終えてから、こうして家族や友人や恋人同士と劇場に足を運ぶ習慣がちゃんと有る。こんなインターネット全盛の時代なのに…、つくづく羨ましい」。この辺りの事情は新参者の私よりも、中村哲郎さんのFacebook「倫敦戯場漫歩」に詳しい。是非そちらをご参照、ご一読頂きたい。
終演後のレセプションに出て、さすがに疲れて、ホテルのバーで軽く飲んで早目に就寝。
10月6日 14:00 在英国日本国大使館
シンポジウム「蜷川シェイクスピアをめぐって」に招かれ、〈歌舞伎女方とシェイクスピア〉について談話する。この催しは、早稲田大学演劇博物館とバーミンガム大学シェイクスピア研究所の共催。
シェイクスピア研究所所長のマイケル・ドブソン氏、劇評家のマイケル・ビリントン氏、演出家のフィリップ・ブリーン氏による〈蜷川幸雄の功績を振り返って〉という講演では、皆さん本当に深く蜷川演劇を研究、洞察されていて素晴らしく、頷くことばかりで聞き入る。
私は、歌舞伎とシェイクスピアの関係性、マクベスの稽古場で感じたこと、蜷川先生に叱られたこと、歌舞伎女方の視点から考えるシェイクスピア劇、蜷川演劇に付いて述べ、大任を果たせてひと安心。
このあと、19:15からの2回目の公演を終えて、お世話になった演博の方々と合流し、中華街で乾杯!
舞踊の夕べの舞台より
「道行初音旅」静御前・忠信 市川新十郎
「あなめ」小町の亡魂・旅の男 江添晧三郎
「風流浮世床」 女髪結・源太 五條珠實
クリックすると拡大します

【今月の京蔵】
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。

さて、三世実川延若師が亡くなられて早や27年、5月14日は祥月命日に当たります。師四世雀右衛門とはひとつ違いの仲良しであり、切磋琢磨仕合う盟友でもありました。
お弟子の延寿さんは、我々女方の大先輩で、親分肌の度量の大きい方で、皆さんに延婆!延婆!(えんばあ・笑)と慕われておられました。戦争にも行かれ、東南アジアを歴戦し、辛酸をなめ尽くしたとご本人から伺いました。
短歌をよくされていて、大東亜戦争(昭和19.21年)・訪ソ歌舞伎(昭和36年)・昭和の終焉(昭和64年)を詠まれた自筆(コピー)の短歌集を編まれて私にくださいました。私の大切な宝物です!
その末尾に、師延若丈の一周忌に詠まれた短歌が一句あります。延若師の祥月命日に因み、皆様のお目に掛けたいと思い掲載させて頂きました。延婆!勝手にご披露してごめんなさい。
三世延若丈を偲ぶよすがとなれば幸いです。

「花散れば 延若忌きぬ 山門の 絶景かな 絶景かなも 今は見がたく」
                          合掌

今月は歌舞伎座に出勤致します。夜の部「菊畑」の申し次の腰元白菊を勤めます。
十二世市川團十郎五年祭の團菊祭に、皆々様の賑々しきご来場を心よりお待ち申し上げます。

CM「勘定奉行」より
中村京蔵へのメッセージ、ご意見はこちらまで。
kyozo@ss.iij4u.or.jp

(C)Copyright 2001-2017 NAKAMURA KYOZO All Rights Reserved.