【更新情報】
5/1 今月の京蔵”を更新
5/1 京蔵の気まぐれ日記”を更新
4/1 “今月の京蔵”を更新
4/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
3/1 “今月の京蔵”を更新
3/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
2/1 “今月の京蔵”を更新
2/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 “今月の京蔵”を更新
1/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 昨年の舞台より”写真を更新
12/1 “今月の京蔵”を更新
12/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
11/1 “今月の京蔵”を更新
11/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
10/1 “今月の京蔵”を更新
10/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
9/1 “今月の京蔵”を更新
9/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新



京蔵の気まぐれ日記
2016年1月1日午前0時
年が明けた!今年は五代目雀右衛門襲名で忙しくなりそうだ。だから、自主公演は全てお休み。資金も貯めなきゃ!(笑)
1月4日 19:00 赤坂五條珠實師宅
昨年亡くなられた珠實師夫人の祥月命日。珠實師とお弟子の珠雀さんと私の三人だけで、しみじみと偲ぶ会。
1月5日 19:00 赤坂ローズクラウン
女義の津賀寿さんの肝いりで、花組芝居の加納さんと三人で新年会。加納さんと呑むのは三年ぶりくらいかも…。おふたりとも芝居大好き人間だから(笑)話しは尽きず、次回を約して散会。
1月17日 21:00 川口小枝さん逝去の報が入る!
すでに昨日16日に葬儀は済ませたと云う。これは、側近の若いお弟子さんからの連絡である。狭心症だとのこと。驚いて牡丹さん(先代秀子師の高弟)と小枝さんの娘の千枝さん(二代目秀子)に連絡を入れ、確認と死因の詳細を聞く。
小枝さんはまだ70歳前で、その急逝は川口流存亡の危機である!というのも、千枝さんは二代目秀子を襲名したものの、はたして舞踊家として川口流を継承していくだけの素地があるのか?またその意志があるのか?甚だ未知数であり、先代秀子師の芸を熟知している唯一の存在は牡丹さんのみで、その牡丹さんも失礼ながら八十路を越していらっしゃるから、ここは千枝さんに死に物狂いで頑張ってもらわないと川口流は絶える!と、僭越ながら不肖の弟子の私は悶々と思い巡らした…。

川口秀子と武智鉄二ががっぷり四つに組んで物した名舞台の数々を目の当たりにして来た私は、川口流が絶えるなんて冗談ではない!とひたすら千枝さんの覚悟を促したのだが、すると、同じ不肖の弟子の某女史は、「千枝さんはいい旦那さまを得て一子を設け、幸せに暮らしているのたから、千枝さんには無理に川口流を継承しやうなんて思わないでほしい」と云い、私は「それもそうだ!千枝さんには負担が大き過ぎる」とも思えて、そうなると牡丹さんに一世一代で頑張ってもらわねばならない!と複雑な心境に到って、なんだかヤケクソになって泥酔したのでした…
嗚呼!川口流よ!!!
雀右衛門伝説
連載を一時お休みさせていただいております。
昨年の舞台より
「豊後道成寺」清姫 「豊後道成寺」清姫
「二人椀久」松山太夫 「二人椀久」
椀屋久兵衛(花ノ本海)
松山太夫(中村京蔵)
クリックすると拡大します

【今月の京蔵】
この度の熊本地震につきまして、被災された皆様に、心よりお見舞を申し上げます。
これから雨の多い季節となります。くれぐれも、健康面や家屋の二次災害等々にご留意くださいませ。
地震被害は他人事ではありません。
日頃の備えと心構えを新たにして、気を引き締めたいと存じます。

なお、今月は舞台をお休みさせて頂きます。

CM「勘定奉行」より
中村京蔵へのメッセージ、ご意見はこちらまで。
kyozo@ss.iij4u.or.jp

(C)Copyright 2001-2016 NAKAMURA KYOZO All Rights Reserved.