【更新情報】
6/1 今月の京蔵”を更新
6/1 京蔵の気まぐれ日記”を更新
5/1 “今月の京蔵”を更新
5/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
4/1 “今月の京蔵”を更新
4/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
3/24 「NINAGAWA・マクベス」のご案内”を掲載
3/24 「NINAGAWA・マクベス」申込みフォーム”を開設
3/1 “今月の京蔵”を更新
3/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
2/1 “今月の京蔵”を更新
2/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 “今月の京蔵”を更新
1/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
12/1 “今月の京蔵”を更新
12/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
11/1 “今月の京蔵”を更新
11/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
10/13 雄山閣創立100周年記念企画のご案内”を掲載
10/1 “今月の京蔵”を更新
10/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
9/1 “今月の京蔵”を更新
9/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
8/1 “今月の京蔵”を更新
8/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
7/1 “今月の京蔵”を更新
7/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新



「NINAGAWAマクベス」のご案内
チラシをクリックすると拡大します
公演のご案内をさせて頂きます。
一昨年、17年振りに上演された「NINAGAWAマクベス」が、本年7月さいたま芸術劇場にて、蜷川幸雄追悼公演として再演されることになりました。
私も再び魔女役で参加させて頂きます。
蜷川幸雄先生とは、最初で最後の出合いとなりましたが、大声で叱られ小声で褒められた(笑)その刺激的な稽古場は、一生の思い出として深く脳裏に刻まれております。
また、この魔女は初演以来、故嵐徳三郎さんの持ち役で、30数年前の日生劇場初演を拝見した折は、徳三郎さんの圧倒的な存在感に気圧され、歌舞伎の女方の限りない可能性を示唆された思いでした。私など徳三郎さんの足もとにも及びませんが、あとに続く者として、徳三郎さんのイメージを大切に、また新たな気持で勤める所存でございます。
つきましては、是非ご高覧賜りたくご案内申し上げます。ご来場をお待ち申し上げます。
※お申込みはこちらをクリックしてください
京蔵の気まぐれ日記
1月2日 11:00 歌舞伎座初日
愛之助丈からお頼まれして、「大津絵道成寺」の後見を勤める。私も色々なお家の裃を着てきたが 、まさか松嶋屋の裃を着るとは思わなんだ!(笑)
この「大津絵道成寺」は、昭和40何年だったか?歌舞伎座で河内屋の舞台を拝見している。愛之助丈の後ジテの鬼が河内屋の旦那にソックリなので一驚!
1月4日 18:00 赤坂五條宅
五條師の奥方三回忌。奥様思いの五條師の寂しさは、年々つのるばかり………嗚呼!
1月19日 19:00 駒場アゴラ劇場 木ノ下歌舞伎「隅田川」「娘道成寺」
「娘道成寺」が抜群の面白さ!次回は是非生演奏で観たい!
雀右衛門伝説
連載を一時お休みさせていただいております。
舞踊の夕べの舞台より
「豊後道成寺」清姫 「豊後道成寺」清姫
「二人椀久」松山太夫 「二人椀久」
椀屋久兵衛(花ノ本海)
松山太夫(中村京蔵)
クリックすると拡大します

【今月の京蔵】
既にお知らせ致しました通り、今月よりNINAGAWAマクベスのワールドツアーがいよいよはじまります!
先ず今月は、香港公演が23日から25日までGrand Theatre Hong kong Cultural Centreにて実施されます。
香港の皆様にこの大舞台がどのやうに受けとめられるか?とても興味深く思っております。私も心を引き締めて勤めて参ります!

なお、来る8月に自主公演をさせて頂きます。以下、速報です!詳細はまた追ってご案内させて頂きます。お暑い最中ですが、皆々様のご来場を心よりお待ち申し上げます!

「中村京蔵 舞踊の夕べ」
8月19日(土) 18時開演
渋谷・伝承ホール

 1、道行初音旅 義太夫連中
    静御前 中村京蔵
    忠信 市川新十郎
 2、あなめー小町変相ー
    小町の亡魂 中村京蔵
    旅の男 江添皓三郎
 3、風流浮世床 常磐津連中
    女髪結お京 中村京蔵
    永木の源太 五條珠實

「中村京蔵の歌舞伎講座」
8月20日(日)16時開演
渋谷・伝承ホール

 1、女方の基本と美 京蔵
 2、立廻りの様々−立役と女方− 新十郎・梅乃・京由・京純
 3、女方の扮装−藤娘の出来るまで− 京蔵
 4、舞踊「藤音頭」 京蔵


CM「勘定奉行」より
中村京蔵へのメッセージ、ご意見はこちらまで。
kyozo@ss.iij4u.or.jp

(C)Copyright 2001-2017 NAKAMURA KYOZO All Rights Reserved.