【更新情報】
6/21 勉強会のご案内”を掲載
6/21 音の会”申込みフォームを開設
6/21 稚魚の会・歌舞伎会合同公演”申込みフォームを開設
6/1 今月の京蔵”を更新
6/1 京蔵の気まぐれ日記”を更新
5/1 “今月の京蔵”を更新
5/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
4/1 “今月の京蔵”を更新
4/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
3/1 “今月の京蔵”を更新
3/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
2/1 “今月の京蔵”を更新
2/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 “今月の京蔵”を更新
1/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 昨年の舞台より”写真を更新



勉強会のご案内
チラシをクリックすると拡大します
梅雨の候、皆々様には益々ご清栄の御事とお慶び申し上げます。
平素よりご交誼を篤く御礼申し上げます。
さて、この度は、今夏の二つの勉強会のご案内をさせていただきます。まず、音の会に於きましては「摂州合邦辻」の俊徳丸を勤めさせていただきます。
また、稚魚の会・歌舞伎会合同公演に於きましては「女車引」の千代を勤めさせていただきます。
お暑い中誠に恐縮に存じますが、何卒万障お繰り合わせの上、両会にお運びいただき、ご高覧賜りますやう伏してお願い申し上げます。

※お申込みはこちらのフォームをご利用ください。
音の会
稚魚の会・歌舞伎会合同公演
京蔵の気まぐれ日記
1月27日 11:00 浅草雷門
五代目中村雀右衛門襲名披露お練り。快晴!先代の告別式の折は猛吹雪で、いかにも師らしいスペクタクル?な演出(笑)だと感に堪えたが、今日はそんなイタズラをされては困るので案じていたら、見事なお天気でひと安心。気温も寒くなく助かる。
お練りは初めての体験だが、参道の声援が有り難い。五代目さんには、有らん限りの心血を舞台に注いで頑張ってほしいと切に願う。
「京屋っ!」の掛け声に聞き覚えがあるので、声の方角を確認すると、田原町に本拠を構えるパントマイム集団SOUKI の面々!
ご声援頂き、ありがとうございました!
1月30日 18:30 シアターコクーン 「元禄港歌」
30数年前の帝劇初演を観ているが、蜷川先生と秋元松代先生が組んだ舞台では、私は「近松心中物語」よりこの「元禄港歌」のほうが好きだ。
観ているうちに、初演の舞台を色々思い出した。
2月2日 11:00 歌舞伎座初日
久しぶりにピンからキリまで(笑)
夜の部「籠釣瓶」の女中お咲は初役だが、責任重大なお役で戦々恐々!
お咲を何度も勤めておられる歌女之丞さんと芝喜松さんに懇切なるご指導を頂く。
大詰立花屋二階で、燭台を運んで来て、妖刀籠釣瓶に切り殺され、座敷の下手奥に倒れていると、「ああ、ここでこうして歴代の先輩方は倒れていたんだ…」といふ実感が溢れて来て、感慨ひとしおだった。
雀右衛門伝説
連載を一時お休みさせていただいております。
昨年の舞台より
「豊後道成寺」清姫 「豊後道成寺」清姫
「二人椀久」松山太夫 「二人椀久」
椀屋久兵衛(花ノ本海)
松山太夫(中村京蔵)
クリックすると拡大します

【今月の京蔵】
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。
さて、先月12日に蜷川幸雄先生が逝去されました。
昨年の「NINAGAWA マクベス」が最初で最後の先生との出逢いとなりました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。 蜷川先生への私なりの想いは、また追って日記欄に綴りたいと存じます。

この時季としては、かなり高温の毎日が続いております。また湿度も上がって参りました。が、朝晩まだ冷え込む日もあり油断がなりません。皆様、くれぐれも健康面に留意され、お健やかにお過ごしくださいますやう。

なお、今月は歌舞伎座に出勤致します。「義経千本桜」第一部、渡海屋裏手舟矢倉の官女萩の局を勤めます。よろしくご高覧くださいませ。

CM「勘定奉行」より
中村京蔵へのメッセージ、ご意見はこちらまで。
kyozo@ss.iij4u.or.jp

(C)Copyright 2001-2016 NAKAMURA KYOZO All Rights Reserved.