【更新情報】
3/24 「NINAGAWA・マクベス」のご案内”を掲載
3/24 「NINAGAWA・マクベス」申込みフォーム”を開設
3/1 今月の京蔵”を更新
3/1 京蔵の気まぐれ日記”を更新
2/1 “今月の京蔵”を更新
2/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 “今月の京蔵”を更新
1/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
12/1 “今月の京蔵”を更新
12/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
11/1 “今月の京蔵”を更新
11/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
10/13 雄山閣創立100周年記念企画のご案内”を掲載
10/1 “今月の京蔵”を更新
10/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
9/1 “今月の京蔵”を更新
9/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
8/1 “今月の京蔵”を更新
8/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
7/1 “今月の京蔵”を更新
7/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新



「NINAGAWAマクベス」のご案内
チラシをクリックすると拡大します
公演のご案内をさせて頂きます。
一昨年、17年振りに上演された「NINAGAWAマクベス」が、本年7月さいたま芸術劇場にて、蜷川幸雄追悼公演として再演されることになりました。
私も再び魔女役で参加させて頂きます。
蜷川幸雄先生とは、最初で最後の出合いとなりましたが、大声で叱られ大声で褒められた(笑)その刺激的な稽古場は、一生の思い出として深く脳裏に刻まれております。
また、この魔女は初演以来、故嵐徳三郎さんの持ち役で、30数年前の日生劇場初演を拝見した折は、徳三郎さんの圧倒的な存在感に気圧され、歌舞伎の女方の限りない可能性を示唆された思いでした。私など徳三郎さんの足もとにも及びませんが、あとに続く者として、徳三郎さんのイメージを大切に、また新たな気持で勤める所存でございます。
つきましては、是非ご高覧賜りたくご案内申し上げます。ご来場をお待ち申し上げます。
※お申込みはこちらをクリックしてください
京蔵の気まぐれ日記
10月3日 19:00 池袋アールスポット
花組芝居「桐一葉」
国立劇場開場直後の「桐一葉」の通し上演を思い出した。寿海丈の長門守と梅幸旦那の銀之丞が今でも印象深い。
10月23日 平幹二朗さん逝去
大好きな俳優さんだった!初めて知ったのはTVの「三匹の侍」。その後、大河ドラマ「樅ノ木は残った」の原田甲斐がドンピシャリのはまり役で、夢中で観ていた!それより以前?の俳優座「四谷怪談」の与茂七を見逃したのが残念。
日生劇場での「鹿鳴館」の影山伯爵も、色悪とはこうもあろうかと目を見張った!
そしてなんと云っても、蜷川幸雄先生と組んだ「王女メディア」、「NINAGAWAマクベス」、「近松心中物語」、「元禄港歌」が印象深い。

近年の舞台活動は評判を聞きながら、ほとんど自分の舞台と重なってしまい、全て見逃しているのが一生の痛恨事!

数年前、祇園川上で偶然隣あわせとなり、折角おひとりで静かに楽しんで居られるのにお声を掛けるのは(心底お話ししたかったが…)野暮だし失礼なことは、同業者の端くれとして重々わかっているので、二時間近くだんまりを極め込んだ。白ワインのフルボトルをおひとりで空けられたのにビックリ!
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
この上は、ご子息岳大さんの大成を期待致します!
10月25日 19:00 新宿紀伊国屋ホール
文学座公演「越前竹人形」
高橋正徳氏の演出。こういふ舞台は、リアルな風俗描写を大事にしてほしいと、懇意の高橋さんに伝えた。
帰りに行きつけのワインバーでホッとひと息。
雀右衛門伝説
連載を一時お休みさせていただいております。
舞踊の夕べの舞台より
「豊後道成寺」清姫 「豊後道成寺」清姫
「二人椀久」松山太夫 「二人椀久」
椀屋久兵衛(花ノ本海)
松山太夫(中村京蔵)
クリックすると拡大します

【今月の京蔵】
春間近、三寒四温とは云いながら、不安定な天候が続いております。皆様、くれぐれもご自愛くださいますやう。

今月は国立劇場「伊賀越道中双六」序幕和田行家屋敷の腰元沢野を勤めます。

さて、公演のご案内をさせて頂きます。

1、中村京蔵×スーパーパントマイム集団SOUKI2017新作公演「道成寺戀情絵巻―どうじょうじらぶすとうりい―」が8月18.19.20日、渋谷伝承ホールにて開催されます!詳細は追って告知させて頂きます。乞ご期待!(笑)

2、一昨年、魔女役で出演させて頂いた「NINAGAWAマクベス」が、蜷川幸雄追悼公演として、下記の日程で再演されます! 私は最初で最後の蜷川先生の舞台となりましたが、この度、再び魔女役で参加させて頂く喜びを噛みしめております。よろしくご高覧くださいますやう!

 香港公演 6月23日〜25日
 さいたま芸術劇場 7月13日〜29日
 国内地方公演(鳥栖) 8月5日〜6日
 英国公演 ロンドン 10月5日〜8日/プリマス 10月13日〜14日
 シンガポール公演 日時未定

3、3月28日歌舞伎座にて、俳優祭が三年振りに開催されます。
拙作(山崎咲十郎さんと協同作)の「月光姫恋暫―かぐやひめこいのしばらく―」が上演されます。これは、かぐや姫のお話にオペラのトゥーランドットのゆくたてを織り交ぜて大歌舞伎仕立てにしたもので、日本俳優協会再建設立60周年を記念しての豪華配役となりました!
是非ご覧くださいと申し上げたいところですが、チケットはすでに完売となっております。まことに申し訳ない限りですが、NHKでも放映されますので、チケットをゲット出来なかった皆様はTVでお楽しみ頂きたくお願い申し上げます。

CM「勘定奉行」より
中村京蔵へのメッセージ、ご意見はこちらまで。
kyozo@ss.iij4u.or.jp

(C)Copyright 2001-2017 NAKAMURA KYOZO All Rights Reserved.